手口足病について

こんにちは。
いつもカモメファミリークリニックをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マレーシアの保健省によると2022年に入ってから手口足病の患者は大幅に増加しています。5月17日現在、全国ですでに3万1千人が感染していると報告されています。昨年の15倍も増加しているそうです。
本日は手口足病について述べたいと思います。

手足口病とは?

手口足病は、ウイルス感染によって起こる感染症であり、主にコクサッキーウイルス、エントロウイルスと言われております。
この感染症は5歳以下の乳幼児に多く報告されており、口の中や手足に水疱性の発疹が出現することが多く、発熱を伴う症例も多いです。

症状

潜伏期:3〜5日間

口の中に口内炎、手のひら、足底や足背、おしりなど水疱性発疹
食欲不振、のどの痛み、倦怠感、発熱

ごく稀に中枢神経系合併症(髄膜炎、脳炎)、または心筋炎などの症状が出現することもあります。

感染経路

・飛沫感染
・接触感染(排便中に排泄されたウイルスが口に入って感染する場合も含む)
*衛生観念がまだ発達していない集団生活場である保育園、幼稚院において集団感染を起こしやすい*

治療

特効薬はなく、対症療法となります。
しかし、中枢神経系症状が出現した場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

受診予定の方へのお願い

当院では風邪、食あたりなどの内科、小児科の他、眼科(結膜炎・ものもらい)、耳鼻科(外耳炎、耳鳴り)、皮膚科(湿疹、発疹)、外科(腰痛、捻挫)、婦人科(子宮頸細胞診、性病検査)などの専門家の初期治療にも対応可能なクリニックでございます。

また、院内感染防止のため、ご来院いただく前に必ずご予約をお願いいたします。皆様がマレーシアで安心・健やかな生活お送り頂ける様、当院では最新の情報を元に、日々新しい取り組みを行いながらサービスの向上に努めております。

ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。